2010年1月11日月曜日

0002:大絶滅

2番目の歴史を変えた事実が大絶滅です。 この絶滅はこれまでの食物連鎖の頂点にいた恐竜を絶滅させ、現在に近い小動物主体の連鎖に変わったと言われています。 

原因は直径10キロメートルの隕石メキシコに激突し、大量の粉塵をまき散らし、天変地異を起こしたためと言われています。 この事件がなければ人類も生まれていなかったかも知れません。 また、今後もこのような事件が起こる可能性もあるので人類に変わる生命が地球上の主役になるかも知れません。

0 件のコメント:

コメントを投稿